« トンデモ本というビジネス | トップページ

2012年9月 3日 (月)

スレッドレス(2012/9/3)

Amebaグルスレが下がっているときは上げない(コメントしない)ことにしているので、こちらにメモ。


心理物理学的支配:精神操作社会に向けて

Amebaグルスレにて、↓こんなのを教えていただいたんで、
>1969年「心理物理学的支配:精神操作社会に向けて」
>(Physical Control oh the Mind,Toward a Psychocivilized Society)
>ホセ・デルガド博士

ググッたら、こんなんでましたw 英語で118ページだそうです。これは本文ですかね?(読んでない)
http://freedomfchs.com/pcofthemindbydrjosed.pdf
書評らしきもの。英語で4ページ。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2591527/

4行だけセレクトして訳してみたけど、なかなか(悪い意味で)スゴイ本みたいだ。

Negatively, the unfortunate part of this book is that the anuthor seems compelled to teach pharmacology, anesthesiology and the entire history of surgery in order to place his historical narration about curare in very specific perspective. he has striven for too much completeness,and hence will satisfy neither the profession nor the laity.

(試訳)この本の不運な部分は、大変に特異的な展望のcurare(訳語不明)についての歴史を記述するために、薬理学・麻酔学、外科の歴史全部を、作者が無理やりに教えようとしているように見えることです。彼は完璧を目指して努力しますが、結局、プロも俗衆も満足させることができません。

 こういうトンデモ本の上に、偽屋根の上に偽屋根を重ねるように書かれたのが、『電子洗脳 あなたの脳も攻撃されている』なのだろうということは、想像がつく。


マイクロ波聴覚効果

「電波で音を伝える」というのが
>マイクロ波聴覚効果はアラン・H・フレイ博士が最初に実験し、発表した。
という内容だということをやっと教えていただいたので、「マイクロ波聴覚効果」をググったらこんなんでました。

http://www.who.int/peh-emf/publications/facts/radars_226.pdf
>RFパルスの特性によって、ザーザー、カチカチ、シューシュー、ポンポンなどそれは様々な音に説明されています

「音が出る」からといって言葉を伝えられるとは限らないのは、拍手で言葉が送れるかどうか考えればすぐわかる。


病むことへの恐怖

誤解がないようにしてほしいのだが。私は「脳関連の研究が行われてない」とも、「人体実験が行われていない」とも言っていない。「統合失調症は、無断実験の結果ではない、単なる病気だ」と言っているだけだ。

人が動物ともっとも違うのは「思考」の能力だろう。脳は、思考の中枢だ。だからこそ、「脳が病んでいる」ということを認められない人がいるのだろうということは想像が

つく。想像はつくけれど、「攻撃のせいで幻聴が聞こえる」「攻撃に使命感を与えられた」というのは、科学とこの国の現状(倫理を含め)に照らして無理がありすぎる。


追記

これはさすがに真っ当なレビューなんじゃないかな?というものを見つけたので、リンク置いておきます。
「超 低 周 波 電 磁 界」
http://www.env.go.jp/chemi/electric/material/ehc238_j.pdf

« トンデモ本というビジネス | トップページ

サイエンス-脳」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スレッドレス(2012/9/3):

« トンデモ本というビジネス | トップページ